シロアリの羽アリを侵入させないために

シロアリの羽アリによる被害

シロアリはこのように侵入する

シロアリは、次のような流れで家の中に進入します。侵入経路やシロアリが好む場所の特徴を知ることで効果的に対策が打てるでしょう。

シロアリの侵入経路と流れ

羽アリ飛来

建材に木材を多く使用する日本で問題となるのが、ヤマトシロアリとイエシロアリによる食害です。シロアリは基本的に土の中を通って床下から建物に侵入しますが、羽アリは飛ぶことができるため、あらゆるところから侵入できるのです。飛来して木材に巣を作るため注意しましょう。

餌を求めて地中に侵入

シロアリはエサを求めて絶えず移動しています。そのため過去に被害がないからといって安心してはいけません。ガーデニングをしていて見た目的に綺麗なところでも、木材から建物内へと移り、被害に遭っている可能性があります。

シロアリが好む床下へ侵入

シロアリは湿気が多く空気の流れのない床下を好みます。床下に防湿コンクリートを使用していても、基礎や給排水管のわずかな隙間から侵入するため気を付けましょう。

仲間を呼んで大量発生

床下に辿り着いたシロアリは木材を食べはじめます。そして、フェロモンで仲間を呼び集め、どんどん被害を拡大させます。

羽アリは様々な場所から飛んで来るため、注意が必要です。建物に使用している木材を食べ広範囲に被害を及ぼすので、できるだけ早めに対策を考え定期的に調査を行なうことが予防上大事になってきます。

二次災害としてのシロアリ

雨漏りのある建物は建材が劣化しやすくなります。水分を多く含み腐った木材は、シロアリの羽アリにとって食べやすく、美味しいご馳走です。腐食した部分に追い打ちをかけるように深刻なダメージを与えてしまいます。業者に調査を依頼して気になるところを見てもらったら、家の柱がなくなっていたというケースも珍しくありません。湿気には十分気を付けましょう。

シロアリ被害は家の倒壊に繋がる

傷んだ木材

日本は地震大国と言われるほど、定期的に大きな地震に見舞われています。阪神淡路大震災の被害調査で分かったことですが、建物の倒壊を促す要因としてシロアリ被害があります。建物の基礎部分を食べ、柱や壁など広範囲で建物の強度を下げるので、注意が必要です。防災を行なう際はシロアリ調査も併せて行なうようにしましょう。

TOPボタン