ガーデニングで有効なシロアリ対策

シロアリの羽アリによる被害

植物にも優しいシロアリの駆除方法

シロアリ駆除で使用する薬剤には、植物に悪影響を与えてしまう成分が入っていないか不安に思う方が多いのではないでしょうか。植物に悪影響を与えない駆除方法として、ベイト工法があります。ベイト工法では「ステーション」と呼ばれる容器にシロアリの餌木を入れ食害が確認された場合に、ベイト剤(毒エサ)を入れます。建物の周りに数メートル間隔で設置し、必要に応じて床下への設置も行ないます。ベイト剤にはIGRと呼ばれる有効成分が使われていてコロニー全体の駆除に効果的です。使用する量も少なく飛散しないため安心して対策ができます。

ウッドチップを敷いたガーデニング

ウッドチップは木なので、シロアリの被害が発生する可能性があります。ウッドチップを敷きたい人は次のようなことに気を付けましょう。

ウッドチップを敷く際の注意点

カビが生えないようにする
ウッドチップは水分を含みやすいため、カビが生えやすい素材です。防虫効果の高いチップを選び、殺虫剤を定期的に撒きましょう。そして、できるだけ日当たりの良い場所で使用することが大事です。
ずっと同じものを使用しない
ウッドチップは木なので、腐れば土に還っていきます。敷き詰めた下の方から土に還っていくため、定期的に追加していきましょう。このとき、できるだけシロアリ対策を施したウッドチップを使い続けることが大事です。
ウッドチップの厚みに注意
薄いものであれば、シロアリの温床になることはほとんどありません。シロアリは1センチ以上の厚みがないと棲みつくことができないと言われているからです。市販のウッドチップには様々なものが売られていて、シロアリの羽アリが嫌う素材を使ったり加工が施してあったりするものがあるので、選ぶ際はシロアリ対策が施されているものにしましょう。

TOPボタン